行事・セミナーのご案内

会員の方のみご参加頂けます。
2022年11月25日(金), 14:00 - 17:00
欧州・ドイツにおけるエネルギー施策、国境炭素税、非財務情報の開示要請(CSRD/EUサステナビリティ報告基準) 
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

*2022年11月18日  本セミナーの申込み締切を過ぎましたので、お申し込みを締め切らせて頂きます。
今後の申込みご希望の方は、その旨を事務局にメール(info@jihk.de)までご一報願います。

・お申し込み直後に受領確認の自動返信メッセージが届かない場合は、事務局までご連絡下さい。
※本セミナーはリアル開催です。デュッセルドルフ日本商工会議所の会員にご参加いただけます。

会員企業各位
税務委員会主催セミナー

「サステナビリティ」「ESG(*1)」「SDGs(*2)」といった言葉は、昨今新聞で見ない日はないほど世界的に注目を集めています。特に欧州はこの分野で先行しており、様々な目標設定や政策が打ち出されています。それに伴い、多くの規制やルールの導入が検討されており、企業においても、各規制やルールを適時適切に理解し、必要な対応を計画的に進めることが求められています。

今回のセミナーでは、ドイツおよび欧州各国における脱炭素に向けた取組状況・エネルギー施策の概要を俯瞰した上で、具体的な施策の一つとして、既に各国で導入されている炭素税の制度概要および、今後導入が検討されている国境炭素税の検討状況についてご説明します。

また、多くの日系企業にも影響が見込まれる、非財務情報の開示指令(CSRD)についても、制度概要や具体的なプロジェクトの進め方の例をご紹介します。

 (*1) ESG:Environment, Social, Governance
 (*2) SDGs:Sustainable Development Goals

日時: 2022年11月25日(金) 14:00~17:00 (CET ドイツ時間/途中休憩あり)
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所 会議室
Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf
・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。
アクセス
開催方法: リアル開催  参加無料
講師: KPMG会計事務所
ヨーク・グリューネンベルガー(Jörg Grünenberger)氏/ドイツ税理士・弁護士
細矢 典利(ほそや のりとし)氏/日本公認会計士
津上 孟彦(つがみ たけひこ)氏/日本公認会計士
使用言語: 日本語
定員: 80名(定員を超えた場合にはご連絡いたします)
申込締切: 11月17日(木)

コロナ感染対策:マスク着用を推奨
*資料は後ほど当所「会報」誌WEB版の方にも添付される予定です。

案内日: 2022年10月11日

すべてのセミナーへ