行事・セミナーのご案内

会員の方のみご参加頂けます。
2024年03月01日(金), 14:00 - 17:00
労務管理と大量解雇
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

・お申し込み直後に受領確認の自動返信メッセージが届かない場合は、事務局までご連絡下さい。
※本セミナーはリアル開催です。デュッセルドルフ日本商工会議所の会員にご参加いただけます。

会員企業各位
法務委員会主催セミナー

本セミナーでは、労務管理と大量解雇の注意点を最近の実務の例・判例などを中心に説明します。

労務管理:有給休暇・労働時間・社内組合

解雇:大量解雇・解雇保護法・労働裁判の実務

多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます

日時: 2024年3月1日(金) 14:00~17:00 (CET ドイツ時間/途中休憩あり)
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所 会議室
Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf
・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。
アクセス
開催方法: リアル開催  参加無料
講師:

ホイキング・キューン・リュア・ボイテック法律・税務事務所のパートナー   
金子浩永(かねこ ひろなが)氏/法務委員会特別委員、ドイツ弁護士

使用言語: 日本語
定員: 80名((各社申込者数の調整が必要となった場合にはご連絡申し上げます)
申込締切:  2月23日(金)


*資料は開催後にJIHKホームページの会員ログイン画面『セミナー資料』内に掲載される予定です。

案内日: 2024年1月25日

会員の方のみご参加頂けます。
2024年03月08日(金), 14:00 - 17:00
EUデジタル関連三法(データ法・サイバーレジリエンス法・AI法)実務対応セミナー
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

・お申し込み直後に受領確認の自動返信メッセージが届かない場合は、事務局までご連絡下さい。
※本セミナーはリアル開催です。デュッセルドルフ日本商工会議所の会員にご参加いただけます。

会員企業各位
法務委員会主催セミナー

 2024年6月の欧州議会選挙を前にEUの立法機関は、違反の場合の巨額の制裁金制度を有するEUデジタル関連三法(①データ法・②サイバーレジリエンス法・③AI法)について順次、政治合意に至りました。

① データ法は、インターネットに接続するコネクティッド製品などの製品の利用によって生成されたデータへのアクセスと活用のためのルールを規定するものです。例えば、製造事業者は当該製品の利用によって生成されたデータを利用者に無償で提供する必要があり、利用者による当該データへのアクセスを可能にする形で当該製品を設計、製造することが求められます。
② サイバーレジリエンス法は、インターネットに接続する製品を手がける企業にサイバーセキュリティ対策を義務づけるものです。自動車などを除くほぼ全ての製品が対象で、企業に安全性の認証取得を求め、違反すれば多額の制裁金を課されます。
③ AI法は、AIの包括規制であり、開発企業をはじめとするAIの提供者だけでなく、利用者にも重い責任を課すものです。AIのリスクを4段階に分類し、汎用AIに特有のリスクを特定するリスクベースのアプローチを採用しています。AI法の違反のうち禁止されたAI慣行に関する違反などで、3500万ユーロ(約54億円)以下、または前会計年度の全世界売上高の7%以下のいずれか高い方が制裁金として課されます。

本セミナーでは、前半にブリュッセル在住のマルチメディア振興センターブリュッセル事務所長である仲田氏から冒頭に基調講演(15分)を頂いた後、①データ法の概説(35分)・パネルディスカッション(10分)→②サイバーレジリエンス法の概説(35分)・パネルディスカッション(10分)・Q&A(10分)を行い、10分間の休憩後、後半にAI法の概説(35分)・パネルディスカッション(10分)・Q&A(10分)を行います。本セミナーへ御参加頂くことでEUデジタル関連三法のエッセンスを御理解頂くとともに、EUデジタル関連三法のへの企業実務対応の方法を御理解頂くことを目指します。

皆様の御参加を心よりお待ち申し上げます。

日時: 2024年3月8日(金) 14:00~17:00 (CET ドイツ時間/途中休憩あり)
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所 会議室
Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf
・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。
アクセス
開催方法: リアル開催  参加無料
講師:

(一財)マルチメディア振興センターブリュッセル事務所長 仲田陽子(なかたようこ)氏
S&K Brussels BV(S&K Brussels法律事務所ブリュッセルオフィス)代表弁護士 杉本武重(すぎもとたけしげ)氏/法務委員会専門委員

使用言語: 日本語
定員: 80名
申込締切: 3月1日(金)


*資料は開催後にJIHKホームページの会員ログイン画面『セミナー資料』内に掲載される予定です。

案内日: 2024年1月31日

会員の方のみご参加頂けます。
2024年03月11日(月), 08:50 - 14:00
リ-デル・コミュニケーションズ ヴッパ-タ-ル本社見学バスツア-
場所: Riedel Communications GmbH & Co. KG

デュッセルドルフ日本商工会議所
会員企業 各位 

平素より弊所の活動に対してご支援、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、今年1弾目の見学バスツアーとして昨年11/12月号の当会議所発行の会報、経済トッピックスでも取り上げましたリーデル・コミュニケーションズの本社見学を企画致しました。同社はインターカムシステムと光伝送プラットフォームの開発・製造・販売・レンタルを行っており、世界的なスポーツイベントでもリーデル・コミュニケーションズの製品が多く使用されています。NFLでは審判のアナウンスを放送し、F1ではピット無線を可能にし、FIFAでは審判とコントロールセンターのアナリストをつないでいます。インターカムデバイスはスポーツ以外でも輸送と物流、イベント管理、セキュリティと監視など様々な用途での利用が期待されています。

リーデル・コミュニケーションズの詳細については、ホームページをご参照ください(日本語)。

本見学ツアーでは、まずリーデル・コミュニケーションズの社長・ファウンダー トーマス・リーデル氏のご挨拶(英語)から始まり、同社のプレゼンテーションの後、オフィスと開発センターを巡る予定です。ツアー終了後にリーデル社よりご提供のスナック・飲み物を召し上がりながら交流頂ける場を設けますので、ネットワーキングにご活用頂ければ幸甚です。つきましては、会員企業の皆様に是非奮ってご参加を頂きたくご案内申し上げます。

 

日にち: 2024年3月11日(月)
参加費用:

1人 33ユーロ

申込締切: 2月29日(木)
定員: 20名(先着順)
言語:

英語 (通訳無し)

お申込み:

1社1名でお願いします。

・オンライン申込のみお受けいたします。

・キャンセルや参加者変更の際は、必ずメールでご連絡頂きますようお願い致します。

・定員になり次第締め切らせて頂きますので、ご了承ください。

・最少催行人数に満たない場合は、バスツアーをキャンセルさせていただくことがございます。キャンセルになる可能性がある場合は、事前にお知らせさせ致します。最小催行人数に満たない場合のキャンセルは、全額を返金させていただきます。

お申込み確認の自動返信メールが届かない場合には、申込を頂いていない可能性がありますので、事務局までご連絡ください。

集合(予定):

8時50分 ホテルクレイトン前
住所:Immermannstr. 41, 40210 Düsseldorf)(集合時間厳守)

スケジュール: 別途案内状・当日の概要をご参照ください。

案内日:2024年2月8日

会員の方のみご参加頂けます。
2024年05月27日(月), 14:00 - 19:00
日独経済シンポジウム2024年
場所: Hotel KÖ59, Königsallee 59, 40215 Düsseldorf

よりよい未来へのドイツと日本のオープン・イノベーション戦略

グローバル化、急速に進化するテクノロジー、サスティナビリティ関連目標達成への要求の高まり、そして
製品のライフサイクルの短期化によりドイツだけではなく日本でも企業におけるイノベーション実現への期待が高まっています。このためこの数年、多数の企業がイノベーションの可能性と競争優位性を高めるため、
社内のイノベーション・プロセスに外部のアイディア、テクノロジーやノウハウを受け入れるオープン・イノベーション戦略を成功裏に進めています。多くの場合、このプロセスに顧客、大学、研究機関やスタートアップ企業が関与しています。

成功しているオープン・イノベーション戦略はどんなものでしょうか。何がそのような戦略の土台となるの
でしょうか。そして、ドイツと日本で行われているオープン・イノベーション戦略に違いはあるのでしょうか。

2024年の日独経済シンポジウムでは「よりよい未来へのドイツと日本のオープン・イノベーション戦略」を
テーマに、両国の専門家がこれらのポイントを踏まえて各分野での展望及び実績を紹介します。

日本、NRW州、デュッセルドルフ市の企業は、もともと有していた長所とイノベーションを見事に融合し
うることを証明しています。日独経済シンポジウムは、プレゼンテーションや意見交換により更なる日独連携の機会を提供いたします。本シンポジウムは日独経済専門家向けとなっています。

 

プログラム: 出来上がり次第、アップロード致しますので、暫くお待ちください。
お申込み締め切り: 2024年5月20日(月)、17時
お申込みについての注意:

お申込みへの自動返信メール (「日独経済シンポジウム2022年」タイトル入りの)が届かない
場合には、お申込みが届ていない可能性もございますので、必ず事務所までご連絡ください。

言語: 日独同時通訳付き
参加費用: 無料
参加方法: リアル参加
   

ご参加をお待ちしております。

主催

  • ノルトライン・ヴェストファーレン州経済振興公社

共催

  • ノルトライン・ヴェストファーレン州経済・産業・気候保護・エネルギー業省
  • 州都デュッセルドルフ市
  • デュッセルドルフ日本商工会議所

協力

  • デュッセルドルフ商工会議所(IHK Düsseldorf)
  • 日本貿易振興機構(JETRO)
  • 日独産業協会(DJW)