2021年 日独経済シンポジウム 協賛企業の募集のご案内

ノルトライン=ヴェストファーレン州と州都デュッセルドルフ市は600社以上の日系企業を擁し、ドイツ及びヨーロッパ大陸最大の日本経済拠点となっています。NRW州、デュッセルドルフ市、当地日本⼈社会の三者は、2002年より毎年、日独経済についての今日的テーマを取り扱った「日独経済シンポジウム」を開催しています。

2021年の日独経済シンポジウムは、「革新的な運輸・ロジスティック ~ニューノーマルとサスティナビリティを見据えて」をテーマに5月27日(木)オンラインにて開催されます。

運輸・ロジスティク業界は、増加傾向にある個人消費及びますます短縮化される運送時間の中で、大きなチャレンジと変革の時期を迎えています。インターネット取引の拡大、そしてバリュ―チェーンの国際化により、コロナ禍以前より、サスティナビリティを考慮し、革新的で長期的に効率性の高い運輸モデルやロジスティックシステムの必要性が高まっていました。世界規模の新型コロナ感染拡大は、グローバル化を志向する運輸・ロジスティック業界の一部に甚大な影響を及ぼすと同時に、さらに高い効率性へのより大きなニーズと開発の誘因を生み出しました。そのような背景のもと、サステイナブルな運輸及びロジスティックをどう定義付けるのか、どういった革新的な解決方法があるのか、デジタル化が問題解決にどうのような貢献ができるのか。

ノルトライン=ヴェストファーレン州は、多くの企業が立地し、ヨーロッパの中心に位置していることから、数年来ドイツ国内に於けるロジスティック企業の主要進出地となっています。デュッセルドルフ市に於ても、多数の商工業企業が所在する上、空港や港湾等の物流インフラが整っているため、運輸及びロジスティックが中心的役割を果たしています。ノルトライン=ヴェストファーレン州、デュッセルドルフ市及び日本の大手企業と、強固な中小企業は伝統的な強みとイノベーションの力を上手く結びつけることができることを示してきました。彼らはインテリジェントな応用技術の開発を業種横断的に推進する力を持っています。

本シンポジウムでは、日独両国の専門家がそれぞれの専門分野内で運輸・ロジスティックの今後の発展と応用について説明します。

2021年も経済シンポジウムを開催するにあたりスポンサー企業を募集しております。

貴社に於かれましては、是非、シンポジウムの内容をご審議のうえ、スポンサーとしてご賛同、ご支援頂きたく、ご検討のほどお願いする次第であります。詳細は右上のPDFファイルをご覧下さい。

尚、新型コロナ感染対策のため、本シンポジウムはオンライン形式で開催されます。状況が許せば日独経済シンポジウムは50~100人程度の参加者を交えたハイブリッド式の会議として開催される可能性があります。この場合でも会場での広告等、本企業協賛プログラムに掲載されている内容以外のオプションは提供できないことをご了承ください。

お問い合わせ・お申込み先は、デュッセルドルフ商工会議所となります。

尚、締切は2021年3月31日(水)、17時 となっております。

お問い合わせ・お申込み
デュッセルドルフ商工会議所
担当者:  カトリン ランゲ (Ms)(英語対応可能)
Tel:       0211-3557-227
Eメール: lange@duesseldorf.ihk.de

 

主催: 
・デュッセルドルフ/NRW 日本デー協会 
・ノルトライン=ヴェストファーレン州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー省
・NRW.Global Business - NRW州貿易投資振興公社
・州都デュッセルドルフ市
・デュッセルドルフ日本商工会議所

協 力: 
・デュッセルドルフ商工会議所(IHK)
・日本貿易振興機構(JETRO) 
・日独産業協会(DJW)                                                       

上へ